Seminar Information
セミナー

『クラウド、仮想化で国際会計基準(IFRS)に対応』('10/07/20開催)
〜 仮想アプライアンス・ダウンロードサービスで短期・低コストを実現〜

セミナー 2010年7月20日

このセミナーは終了いたしました。
たくさんのご参加、どうもありがとうございました。

 企業のグローバルな事業活動・資金調達活動の広がりなどを背景に、ディスクロージャーの基礎となる会計基準についても国際的なルール統一の動きが加速しています。

 海外ビジネスの比重が高まる中、株式公開企業ならびに傘下にある国内外の子会社においては、今、国際会計基準(以下、IFRS)への対応が多くの企業の喫緊の課題となっています。

 併せて、企業のIT活用は、データセンターを中心にしたIT機器の所有による業務改革から、IT利用による経営システムの抜本改革へと、大きな構造改革の波の中にあります。

 こうした事業環境下、クラウドコピューティング・コンサルティング、連結会計管理システム、仮想化データセンターなど、それぞれの強みを持つヴイエム ネット株式会社、株式会社ガイア、株式会社アイネットの3社は、クラウド・サービス・アライアンス(CSA:Cloud Service Alliance)を設立し、クラウド・ソーシングによるトータルなIFRS対応ソリューションを提供してまいります。

 IFRS対応への課題は、経理や財務部門のみならず、情報システム部門はもとより、経営全体で取り組む必要があります。特に、企業経営管理システムにおける改修・変更作業は、海外子会社を含めた連結グループ全体で考え、かつ、短期・低コストで実現することを検討しなければなりません。

 本セミナーでは、まず、有限責任監査法人トーマツよりIFRSが企業経営に与えるインパクトについて講演いただきます。その後、ヴイエムネット株式会社、株式会社ガイアがIFRS対応ソリューションを説明 、株式会社アイネットがそのインフラ基盤、クラウドサービスをご紹介させていただきます。IFRS対応の具体的なIT施策を提案するこのセミナーは、必ずや皆様のご期待に沿えるものと確信しております。

 ご多忙とは存じますが、是非、多くの方にご参加いただきますようお願い申し上げます。

セミナー概要

開催日時 2010年7月20日(火) 14:00-17:00(受付開始13:30)
開催場所 東京コンファレンスセンター・品川 コンファレンスルーム406(地図
定員 120名
(定員となり次第、お申込みを締切らせていただきます。予めご了承ください。)
参加費 無料
主催 株式会社アイネット
協力 有限責任監査法人トーマツ、ヴイエムネット株式会社、株式会社ガイア

プログラム

13:30- 受付開始
14:00-14:50 基調講演「IFRSが企業経営に与えるインパクト」
有限責任監査法人トーマツ
14:50-15:50 講演1「IFRS対応のSaaS/ASP型連結会計システム」
ヴイエムネット株式会社、株式会社ガイア
15:50-16:05 休憩
16:05-16:45 講演2「次世代型データセンターで提供する仮想アプライアンス・ダウンロードサービス」
株式会社アイネット
16:45-17:00 質疑応答、個別相談


セミナー&ニュース一覧に戻る


このページの最上部へ