ネットスイート連携『IFRS対応グローバル・リアルタイム連結SaaS』
お客様の課題
グローバルに展開する日本企業や、これから海外進出を本格化する日本企業は、近年、激変するワールドワイドの経営環境下で、事業拡大・維持のための「戦略化・スピード化」、「業務効率化や生産性の向上」、より一層の「コスト削減」等、厳しい経営改革を必要とされています。さらに内部統制、コンプライアンスや、国際会計基準(IFRS)等の「制度対応・ガバナンス」も同時に求められています。

しかしながら、国内外にグループ子会社を持つ企業は、現状の連結決算処理においても、内部統制上問題の多いExcelの利用や国内外の子会社で異なった会計システムを運用しているため、連結作業に多大な労力とコスト等、無理無駄が発生しています。
また、グループ全体のセグメント情報・キャッシュフロー情報その他の重要な経営管理情報をレポート・分析するために、ほとんどを人手を介した収集や集計作業に依存しており、このままではIFRSに対応した連結決算の実現はもとより、これからの企業競争性維持のために必要な、グループ横断の正確でリアルタイムな経営情報の収集・分析にも苦労される懸念をお持ちなのが実情です。

本ソリューションは、このような課題を解決する低リスク低コストのSaaS型ソリューションです。
「NetSuite」と「J-GAIA Virtual Single Company」連携
IFRS対応グローバル連結SaaSソリューションのメリット
1.低コストでワールドワイドの実質的会計統一(バーチャル シングル カンパニー)。グループ連結の効率化、シームレス化を実現
・低リスク、低コストで全世界で即時開始でき、既存の会計システム・ERP等をそのまま運用しながら、実質的(Virtual) な会計統一が可能(各子会社は勘定科目コードの変更が不要)。
・多言語・多通貨、各国税制に対応したNetSuiteによる各国子会社の会計入力によりワールドワイドのデータ収集を効率化。
・J-GAIA Virtual S.C. for NetSuiteによりデータ統合することにより、グループ連結決算の早期化、効率化を実現。
・連結処理業務プロセスのシームレス化により、内部統制対応レベルが大幅に向上。
・Excelレガシーの問題も解消でき内部統制監査の簡略化が可能。
2.既存の基幹システムをそのまま運用しながら確実な国際会計基準(IFRS)対応が可能
・IFRS対応で必須情報となるキャッシュフロー情報、セグメント情報の収集機能と自動生成機能により、IFRSのマネジメントアプローチ、キャッシュフロー報告に対応。
・複数帳簿保持機能(パラレルデータベース・帳簿機能)と複数財務諸表作成機能により、IFRS適用へもそのまま対応可能。
・既存の基幹システムに本SaaSサービスをアドオンするだけで低コストでIFRS対応が可能。IFRS対応の連結決算処理を実現。
3.低コストでグループ横断の経営管理情報基盤を実現。グローバル・リアルタイム経営を支援
・キューブ・データベース自動生成機能により、これまでの1/5~1/10の費用で、50種以上の指標(例えば販管比率、貢献利益、キャシュフロー等)を、あらゆる切り口(事業、販路、顧客、時間等)で、多次元・多階層(最大10階層)分析できる、グループ横断の経営管理情報基盤を構築可能。
  Net-Suite/J-GAIA連携関連図
ネットスイート社掲載サイト:
http://www.netsuite.com/portal/jp/solutions/global/j-gaia-vsc/index.html

お問い合わせはこちらへ

製品に関する資料請求及びお問い合わせ
お電話・FAXで オンラインで
03-5283-5520 03-5283-5521
担当:山内
営業時間 9:00-18:00(土日祝祭日を除く)
お問い合わせ・資料請求へ

このページの最上部へ